2014年02月19日

3190ホットマンの初値予想

スクリーンショット 2014-02-19 14.19.30.png

BPS(1株当たりの純資産額)をみると想定発行価格470円は割安です。EPS(1株当たりの純利益額)も80.41×1.33×(5182500÷7275500)≒76円(最新年度は第3四半期までなので1.33倍する)です。想定発行価格ベースでPERは470÷76≒6.2です。

しかし同業者で最近株式公開したIPO株で3177ありがとうサービスがあります。

ありがとうサービスのIPO基本情報

ホットマンと同じフランチャイジーです。初値PERは4.50はでしたが、公募価格は仮上限価格の下限である1170円で、初値は1302円でさほど伸びなかったのです。なのでPERが低いからといっても、この業種(小売業)は安心できません。しかもホットマンもありがとうサービスも地方でフランチャイジーとして店を運営している会社ですから、運営している店の名前は違えども業態は全くと言っていいほど同じです。ありがとうサービスの初値は他のブログ、ホームページの予想を下回りました。ホットマンの初値PERもさほど高くならないでしょう。

ただ、もしホットマンの初値が500円程度だったとしたら、その後は株価が伸びる可能性があります。
2014y02m19d_161311339.jpg

3177ありがとうサービスの新規上場時のチャート

このように1302円で寄ってから2400円まで高騰しました。ただこれはありがとうサービスが安く寄ったからで、もうちょっと高く寄っていたらこうはならなかったかもしれません。

現在ありがとうサービスのPERは8.49倍です。私の予想ではこのホットマンの初値PERも8倍くらいになるのではと思います。すると株価は76×8=608円です。買ってもこの業態では大きく伸びないかもしれませんが、損はしないでしょう。

タグ:ホットマン
posted by nikkouman at 16:21 | Comment(0) | IPO株初値予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6810日立マクセルの初値予想

スクリーンショット 2014-02-19 08.39.40.png

1株当たりの純資産をみると想定発行価格2070円は妥当と言えます。また自己資本比率も81.4%で財務状態も極めて健全なので優良な投資先です。ただ、純利益額が毎年バラバラなので、他の銘柄のようにPERで理論株価を算定するのは難しいです。ですので今回は同じ日立グループの企業のPBRを参考にします。

例えば同じ日立と名のつく企業のPBRをみると、
6501日立製作所 1.26倍
6910日立メディコ 0.78倍
7004日立造船 1.23倍
8036日立ハイテクノロジーズ 1.02倍
6305日立建機 1.19倍
6581日立工機 0.71倍
6756日立国際電機 1.09倍
5486日立金属 1.29倍
4217日立化成 0.97倍

大体0.7倍から1.3倍の間です。一方日立マクセルのPBRは2070÷1927.60≒1.074ですので、発行価格2070円は高くも安くもないと言えるのではないでしょうか?上記のPBRを考慮すると、日立マクセルも1500〜2500円の間を推移すると考えます。

あと今回は株式の新規発行はなく、全ての株が親会社の日立製作所から売り出されます。なので株式数の増加によるPER、PBRの変動はありません。
posted by nikkouman at 11:01 | Comment(0) | IPO株初値予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

3685みんなのウェディングの初値予想

スクリーンショット 2014-02-18 07.02.52.png

みんなのウェディングはサイトを通じて結婚式場を紹介する事業を行っている会社です。同業種で最近のIPO株として6084オウチーノ、3674オークファン、3678メディア・ドゥがあります。

オウチーノのIPO基本情報
オークファンのIPO基本情報
メディアドゥのIPO基本情報

それぞれの初値PERは上から順番に59.4倍、84.6倍、136.5倍とどれも高めです。またみんなのウェディングの業績に着目すると、

スクリーンショット 2014-02-18 07.24.10.png

スクリーンショット 2014-02-18 07.24.21.png

1株当たりの純資産額は急な右肩上がりです。同じ上昇幅を維持できれば、来期は約95円になります。また、1株当たりの純利益はこの3年間で平均40円です。初値予想にはこの成長幅を考慮するのが不可欠でしょう。ただしこれは今回新規発行する分と潜在株式(新株予約権)を考慮していないので、それらを考慮するとEPS(一株当たりの純利益)は

40×6486000÷(6486000+850000+221900+552000)≒32円

です。ここで初値PERを80倍とすると、理論株価は32×80=2560円となります。発行価格2580円は妥当な株価と言えるでしょう。しかし売上を見てください。ものすごい成長です。

スクリーンショット 2014-02-18 13.11.20.png

最期の年は第一四半期までなので、1年間だと4倍しなければなりません。349874×4=1399496で前年比約+38%です。その前の年も1011381÷555243≒1.8で約80%の成長率です。これらの成長率を考えると、上の理論株価よりも高めの株価になると考えてよいでしょう。

posted by nikkouman at 13:50 | Comment(0) | IPO株初値予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。