2014年02月16日

ゴールドマンサックスがカバレッジしている銘柄のレーティング情報を確認する方法

ゴールドマンサックスのレーティングは相場に大きな影響を与えます。最近では2121ミクシィがいい例でしょう。一気に株価が半減しましたから。今回は我々一般の個人投資家がゴールドマンサックスのレーティングを確認する方法をご紹介します。株を購入する前に相場に大きな影響を与えるレポートを参考にするのは有意義なことです。

上の画像をクリックしてください。

上のリンク先のページにレーティングの定義が書かれています。熟読してください。簡単にいえば、
B(buy)  買い
N(neutral)  中立
S(short)  売り

です。読み終わったら下の画像をクリックしてください。


鉛筆で囲ったところに調べたい銘柄のコードを入力してください。例えばミクシィだったら2121と入力して下さい。すると以下のようなデータが下の方に出てきます。(ちなみにカバレッジしていない銘柄を検索しても検索結果なしと出てきます)

スクリーンショット 2014-02-15 23.43.10.png

チャートの左下に書いてあるJan1, 2011 NAは2011年の1月1日の投資判断はNAであったことを表しています。またDec 10, 2013to S from Nは2013年の12月10日に投資判断がNからSに変わったことを表しています。またチャートの中央下のprice target toとは目標株価のことであり、price target at removalとは目標株価を外したことを意味しています。チャートの右下のcovered by Takashi Watanabe as of July 4, 2013とはアナリストの渡辺崇氏に2013年7月4日からカバレッジされてからのミクシィの株価のチャートを表していて、Not covered by Current Analystとは現在のアナリストによってカバレッジされていない時のミクシィの株価のチャートを表しています。チャートの青い線がミクシィの株価です。グレーの線はTOPIXの線です。

チャートをみるとゴールドマンサックスは1年に5回以上目標株価(price target)を変更していることが分かります。投資判断も3年間で5回変えています。2012年後半から2013年にかけてミクシィの株価とTOPIXが乖離し始めていることも分かります。昨年末の急騰で一気に差が縮まりましたが。

同様の方法で銘柄コードさえ入力すればゴールドマンサックスがカバレッジしている銘柄を全て確認することができます。また日本株だけでなくこのページから世界中でゴールドマンサックスがカバレッジしている銘柄を検索できます。3年間のチャートを確認できるのでいろいろ新しい発見ができます。例えば7201日産自動車を検索してみると

スクリーンショット 2014-02-16 00.19.27.png

目標株価が常に現在の株価より高めに設定されていて、このアナリストは日産にかなり甘めであることが分かります。しかも2013年はしょっちゅう目標株価を変更していますね。

ゴールドマンサックスのレポートは内外に大きな影響を与えます。株を購入する前に1度検索してみてもよいでしょう。関連記事は以下から。

ゴールドマンサックスの売り推奨銘柄

posted by nikkouman at 00:24 | Comment(0) | ゴールドマンサックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

ゴールドマンサックスの売り推奨銘柄

一般的にゴールドマンサックスの逆をやったら儲かるといわれています。ゴールドマンサックスはまさに逆神なのです。そこで今回はゴールドマンサックスの売り推奨銘柄をできるだけ調べてみました。

2685アダストリアHD
3116トヨタ紡織
5201旭硝子
6997日本ケミコン
8697JPX

(注)財経新聞レーティング情報を参照

チャートをみるともうそれは第2のリソー教育なのではないかと思うほどの下げチャートである銘柄もあります。ですが去年ゴールドマンサックスが売り推奨していた5803フジクラと7951ヤマハは以下のようなチャートです。

スクリーンショット 2014-02-11 23.39.07.png

5803フジクラ

スクリーンショット 2014-02-11 23.40.42.png

7951ヤマハ



4/9ゴールドマン、ヤマハの投資判断を引き上げ
9/26ゴールドマン、ヤマハの目標価格を引き上げ
2012/10/23ゴールドマン、フジクラの投資判断は売り
2014/1/17ゴールドマン、フジクラの投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ

なんと株価が上がるや否や舌の根も乾かないうちにどんどん投資判断を引き上げていったのです。2013年はアベノミクスでほぼ全ての銘柄が上がりましたが、こんなことはしょっちゅうあります。ですから皆さんもゴールドマンサックスが売り推奨したからといって空売りしてはいけません。もちろん当たる時もありますが。全ての銘柄で同じことが起きたら手口がバレてしまいますからね。嘘の中にたまに本当のことを混ぜるのが彼らのやり方です。
posted by nikkouman at 00:18 | Comment(0) | ゴールドマンサックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

マネーゲーム銘柄2121ミクシィ 本日ストップ高5080円

「総悲観は買い」とはこのことでしょうか?
一体どういうことでしょうか?昨日大幅下落して、もう駄目かと思いきや、本日12時31分にストップ高5080円をつけました。そして14時30分にははりつけになり、ストップ高で引けました。やはりゴールドマンのレポートは「嵌め込み」だったのでしょうか?安く仕込みたかっただけかもしれませんね。これでゴールドマンが大量保有報告書でも提出したら、株価操作確定です。

損を出した人はゴールドマンを証取委に通報しましょう

安く買いたかったからアナリストにレポートを発表させ、トレーダーに買わせた疑いが強く残ります。2010年に証券詐欺罪でSECに訴訟されて以来ゴールドマンの姿勢は全く変わっていないのかもしれません。不正がバレたところで、その不正を悔い改めるのではなく、「なんでもっとバレないようにやらないんだ?」だとか思っているのかもしれませんね。

これからの株価の行方ですが、個人が疑心暗鬼になって、買ってもすぐに売っている間はどんどん上がり続けていくかと思います。ひょっとしたら8900円までいくかもしれませんね。今日たくさん買われたのに、これで終わりということは多分ありません。買った機関は利益が出ませんからね。4500〜5000円で相当仕込んだのではないでしょうか?
posted by nikkouman at 15:34 | Comment(0) | ゴールドマンサックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。