2014年01月29日

海外株を購入したい方におすすめな米国系ネット証券Interactive Brokersその2

IB証券で取引可能な世界の市場リスト
手数料

IB証券ではアメリカだけではなくイギリス、香港、フランスなど外国の株がSBI証券で日本株を買うときの手数料程度の金額を払えば売買できるということです。もちろん日本株も同様です。ただし日本株に関して言えば手数料は日本のネット証券のほうが少し安いです。

スクリーンショット 2014-01-29 19.59.24.png

最低80円で100万円の取引で800円の手数料です。SBI証券ならばプランによって異なりますが、511円の手数料です。手数料のページをご覧になれば分かりますが、IB証券では日本のみならず他の国の株も大体同水準の手数料を払えば取引可能です。まあ海外の株を買った時の税金などについては別途かかりますが。このあたりのことについてはまた後日別の記事で書きます。

全世界の株が日本のネット証券並みの手数料の水準で買えることがどれだけ画期的ですごいことなのかは日本のネット証券で外国の株を買うときの手数料を見れば一目瞭然です


米国株を買う時の売買手数料の比較




スクリーンショット 2014-01-29 20.33.36.png

SBI証券の米国株の取引手数料


スクリーンショット 2014-01-29 20.35.54.png

IB証券の米国株の取引手数料




中国株を買う時の売買手数料の比較


スクリーンショット 2014-01-29 20.33.59.png

SBI証券の中国株の取引手数料

スクリーンショット 2014-01-29 20.41.44.png

IB証券の中国株の取引手数料



もちろん取り次ぎ手数料などの諸費用が料金に含まれているかどうかで売買にかかる費用は違いますから一概には比較できませんが、それでもSBI証券で米国株を購入するには最低25米ドル(現在の日本円で2600円程度)かかります。

海外株を絶対に日本のネット証券で買ってはいけません。むしろ日本株もIB証券で買ってもいいくらい手数料は安いです

もちろん英語ができるのならばという条件が付きますが。次回はIB証券の口座開設方法についてお話しします。それではまた。

posted by nikkouman at 20:59 | Comment(0) | 海外株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

海外株に投資したい人におすすめな米国系ネット証券 Interactive Brokers その1

日本株だけでは飽き足らず海外株に目を向けたいひとにおすすめな証券会社がInteractive Brokers証券(以下IB証券と呼ぶ)です。

ネット証券があるのは日本だけではありません。世界を見渡せば日本で有名なネット証券でさえ所詮「お山の大将」にすぎません。

海外株を買うのはもちろん日本のネット証券(SBI、マネックスなど)でもできますが、手数料は高いうえ情報量も少なく、しかも致命傷なのは売買板をみることができないことです。また海外株といっても主に購入できるのは米国株と中国株のみです。

IB証券は米国株はもちろん、英国株、中国株、シンガポール株、日本株など1つの口座で世界中の株を売買することができます。手数料も安く、売買板もリアルタイムでみれます。

日本のネット証券とは違い、トレーディングツールが充実しており、グローバルレベルではあのSBI証券ですら歯が立たないほどサービスが充実しているのです。

次回はIB証券を使うメリットについて話したいと思います。続きはその2で。
スクリーンショット 2014-01-21 08.50.21.png
posted by nikkouman at 08:56 | Comment(0) | 海外株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。