2014年02月17日

6740ジャパンディスプレイの初値予想

スクリーンショット 2014-02-17 00.33.18.png

まずここは今年最大級の案件になるのではないでしょうか?国内での募集金額は約2200億円です。海外での募集金額を合わせたら約4000億円に達します。あのアキュセラ・インクの5倍以上の公開規模です。さすが政府機関が出資していて海外にも子会社をたくさん持っているだけはあります。

さて、初値予想ですが東京IPOによると、

BPS(1株あたりの純資産)=292,556,000,000÷601,387,900.00≒486
EPS(1株あたりの純利益)=167.05

理論株価の計算方法

上記のページの@の理論に沿って計算してみます。

BPS+EPS×10=486+167×10=2156円

この計算式は株を買って10年で元を取ることを考えたものです。想定発行価格は1100円なので、割安ですね。
ただジャパンディスプレイは年度ごとに純損益がバラバラです。

スクリーンショット 2014-02-17 09.27.39.png

過去6年間のうち3年間は純利益が出ていません。ですからEPSは半減させて計算する方が正しいかもしれません。EPSを167÷2=83.5と考えて計算すると、

486+83.5×10=1271円

となります。今回は政府が出資する「国策企業」の上場で約半分は海外投資家に買わせて上場しますから、国の威信をかけて証券会社も少なくとも公募価格割れしないように買い支えすることは間違いないと思います。唯一の不安は過去の業績が安定しないということでしょう。大株主は事業会社ばかりですし、これだけの規模だと投機筋による株価操作も難しいでしょう。枚数も多いので手に入れることはきっと難しくはありません。皆さんも各自購入のご検討を。
posted by nikkouman at 11:01 | Comment(0) | IPO株初値予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: